奄美大島の観光で人気の時期はいつ?現地民がおすすめする穴場な時期も紹介!

こんにちは!奄美大島出身、東京在住のbigotです。

旅行先で充実した時間を過ごすためにも、観光者に人気の時期は事前に知っておきたいですよね!

「冬に行っても暑いの?」
「どんな体験が人気なの?」

などなど、何が人気でいつが良いのか気になっている方も多いと思います。

しかし一方で、

「人が多い時期は避けたい」
「穴場な時期を知りたい」

という方もいると思います。そこで今回は、観光者に人気な時期と、現地民がおすすめしたい穴場な時期についてご紹介していきます!

奄美大島の観光者に人気の時期

まずは奄美大島の魅力が爆発する、人気の時期を抑えておきましょう!「気候」と「アクティビティ」の2つの要素に分けて、観光者に人気な時期を紹介していきます。

奄美大島の気候から見る観光者に人気の時期

南の島とはいえ奄美大島にも四季があります。意外にも冬はしっかり寒く、気温が低いというよりは、強い海風が常に吹いて体感温度が下がるイメージです。強風の中、外を歩くのは億劫になってしまうので観光にはおすすめできません。

また、夏の気候になるのが早く、5月末頃から梅雨に入り、6月頃から時折夏の暑さを感じるようになります。奄美大島は雨がよく降る亜熱帯地域のため、日照時間が少ないことも特徴の1つです。

梅雨の時期は毎日シトシトと雨が降り、どんより薄暗い日が続くので

「南の島だ!バカンスだ!」

という気分には全くそぐわない雰囲気を醸し出し、観光者のテンションを下げていきます(笑)

しかし7月に入ると梅雨も開けて、日差しが強くなり、皆さんがイメージする南の楽園そのものの姿になります。街中の雰囲気も明るく、気温も高くなり海で遊ぶには十分すぎる暑さです。

よって、気候の面で観光者に一番人気の時期は常夏の7月〜8月です。ただ、奄美大島には毎年必ず台風がやってくるので、飛行機やフェリーの欠航に注意してください!

欠航便は珍しくありません。東京に台風が直撃した時のような「あれ?意外と何ともないじゃん」「なんだかんだ大丈夫じゃん」という感覚とは全く異なります。生まれてすぐの凶暴な台風が直撃するので、全然大丈夫ではないんです。

飛行機の振替便などの対応はしっかりしていますが、それでも予定が狂うのは避けたいので、天気予報をしっかりとチェックしておいてください。

ちなみに私も飛行機が欠航となり、予定より遅れて出発した経験は何度かあります。こればかりはもう、諦めています(笑)

奄美大島のアクティビティから見る観光者に人気の時期

奄美大島には、色鮮やかな熱帯魚が生息していたり、海水浴に適した砂浜の海岸が広がっていることから、海でのアクティビティが豊富です。サーフィンやダイビング、サップなどは初心者用の教室もあります。あとは、海岸沿いでパラグライダーなんかもできちゃいます。

海以外では、マングローブ森林でのカヌー体験が人気です。また、8月の1週目には奄美大島のビックイベント「奄美まつり」が開催されるのでアクティビティの面から見ても、やはり人気なのは7月〜8月です。

プロのサーファーやダイバーも多く訪れる人気の時期に、奄美大島の魅了を存分に味わってみてはいかがでしょうか!

奄美大島の現地民がおすすめする穴場な観光時期

これまでお伝えしてきた通り、7月〜8月は気候の面でもアクティビィティの面でも大人気の時期です。よって、飛行機やホテルなどの料金も高くなっています。

なので、狙うべき穴場の観光時期は、飛行機やホテルの料金がピークを過ぎていて、日中の気温が高い9月です!

9月の3週目頃から飛行機の料金が下がってきて、平日なら片道¥15,000くらいで行けちゃいます。(8月は平日でも¥20,000超え)

また、9月いっぱいは日中の気温が高く、海で遊んでも寒くありません。台風の発生が少なくなる点もポイントです。

そして、観光のピークを過ぎて他の観光者が少なくなっているので、広い海岸をまるでプライベートビーチのように満喫できます!どうですか!9月の奄美大島、とても魅力的ではないでしょうか?

お祭りやイベントがなく、観光時期を過ぎた街はちょっと寂しさを感じるかもしれませんが、それでも、比較的安価で快適な時間を過ごせる9月はめちゃめちゃおすすめです!

「10月はどうなの?」という質問がありそうなのでお伝えすると、飛行機の料金は9月よりもグッと安くなります。10月後半になると平日は¥10,000以下です。ただ、日中でも涼しくなるので、海で遊ぶには少し厳しいですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?多くの観光者が訪れる人気の時期はやはり7月〜8月です!人気の時期に遊びに行けば間違いなく楽しめますし、ピーク時期を外した9月に行けばゆっくりリラックスして過ごせます。

どちらを選んでも、充実した旅行になることは間違いないので、次回の旅行の計画を立てるのに参考となれば幸いです。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です