クリストフジーンの経歴や年収に関するwikiプロフィールは?顔写真と家族や子供についても調査!

こんちは。ライセンス収益とか憧れるぜ~…!

今回は大坂なおみ選手を起訴したクリストフ・ジーン氏について調査しました。

「賞金の20%を永久に受け取る契約を結んだ」

ってえぇ~…そんな都合の良い、おいしい契約ある~??いいな~。

そんな夢みたいな契約を交わしたというクリストフ・ジーン氏が一体とどういう人物なのか、調べてみました!

クリストフジーンの顔写真

大坂なおみ選手の元コーチの画像、ありました!

一つはインスタに、もう一つは海外メディアサイトに掲載されていました。


▼下記海外メディアサイトに掲載されている、瘦せ型な黒人の男性です。

掲載元サイト「News.com.au」

写真の注釈に「Christophe Jean」と記載されています。

クリストフジーンの年収や経歴について

クリストフ・ジーン

  • 年齢:46歳
  • 出身国:ハイチ

ハイチ南部にある「ベネ」という地域が出身です。

ここからはジーン氏の経歴について、海外メディアの記事を参考に調査していきます。

※海外メディアの記事が、本人インタビューのような形式のものだったので全て本人談です。

参照元サイトはこちら

ジーン氏は当時13歳だった大坂なおみ選手とその姉妹のコーチを務めました。

その前まではハイチ出身の学生を指導していたようです。

練習場所はポンパノビーチテニスセンター。1日5〜6時間、週に6日の指導を2年間行いました。

しかし、ジーン氏は大坂なおみ姉妹のコーチになることを一度断っています。

当時13歳だった大坂なおみ選手は太っていたそうで、テニスプレイヤーにはふさわしくないと判断したのかも…。

それでも、なんやかんやでコーチを引き受けたわけですが、実はジーン氏、コーチ料金をもらっていなかったそうです。

コーチ料金は、定価から割引した金額300ドルでの請求だったらしいのですが、大坂なおみ姉妹の父親は支払うことができず、代わりにボール拾いなどの仕事をしていました。

そんな中、2012年3月に、ジーン氏と大坂なおみの父親は、下記の契約を交わしたというわけです。

Both parties agree on a fixed fee of twenty percent or monetary agreement on behalf of Marie (sic) Osaka and Naomi Osaka

両当事者は、Marie(sic)OsakaとNaomi Osakaを代表して20%の固定料金または金銭的な合意に同意します

これが今回起訴された契約の内容ですね~。

今回、海外メディアの記事を参考に、クリストフジーン氏の経歴を調べてみましたが

このインタビューで話していたことが本当だとしたら、よくも2年間、無償で指導できたな~と不思議でなりません。

コーチをしながら大坂なおみ選手の才能に気づき、例の契約「賞金の20%永久受け取り」に合意したのだとしても、あまりにも賭け事すぎるというか…。

まだまだ真偽が問われる内容ですね。

クリストフジーンの家族や子供について

クリストフジーン氏の家族については、今のところ海外メディアでも言及されていません。

しかしここまで有名になってしまったからには、今後もう少し情報が出てくるはず。

何かわかり次第、追記していきます!

まとめ

クリストフ・ジーンについて

  • 年齢:46歳
  • 出身国:ハイチ
  • ポンパノビーチテニスセンターでハイチ出身の学生にテニス指導をしていた
  • 大坂なおみ13歳の頃から2年間コーチを務めた
  • その際、コーチ料金は支払われておらず、2012年3月に例の契約を交わした

今回は海外メディアの記事を参考に、クリストフ・ジーン氏について調べてみました!

今回の裁判に関する経緯が分かるような内容でしたね。

追加情報が分かり次第、追記していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です