奄美大島で鶏飯の美味しいお店は?専門店と居酒屋で食べられるお店も紹介

こんにちは!奄美大島出身のbigotです!

奄美大島の代表的な郷土料理といえば鶏飯(ケイハン)ですが、提供しているお店も多いので迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「大学の仲良しメンバーでの旅行だし、みんなでワイワイできるお店がいいな」
「奄美大島の分化に触れる一人旅だから、伝統的なお店でゆっくり味わいたいな」

というふうに、目的に合わせてお店を選びたいという方も多いと思います。

ちなみに私は、旅行先でTシャツにジーパン姿でふらっと入った飲食店があまりにもオシャレで居心地が悪かった…という経験や、現地の暮らしを味わいたかったのに、店内は観光客ばかりでガッカリしてしまった…という経験があるので、事前のリサーチは重要視しています(笑)

というわけで、今回の記事では
・元祖「鶏飯」発祥の専門店
・鶏飯が食べられる居酒屋

の2つについてご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい!

本格的で美味しい鶏飯を食べられる専門店

「鶏飯」発祥のお店!! みなとや

みなとや入口正面の写真

元祖鶏飯のお店とよばれる由来は、
みなとやの初代館主さんが昔の鶏飯(その頃は鶏の炊き込みご飯だった)をアレンジして今の鶏飯のかたちにしたからだそうです。

入口付近のオブジェの写真。みなとやと鶏飯についての歴史が書いてありました。

入口には鶏飯の歴史と、元祖と呼ばれる由来がしっかり書かれています。

みなとやは、奄美空港から車で10分ほどのところにあるので奄美に到着してすぐに食べに行くことができます。または「鶏飯食べ忘れた!」という場合も、空港に行くついでに立ち寄れるので安心ですね(笑)

メニューは鶏飯がメインで、サイドメニューが少しだけあります。

【メニュー】
鶏飯…1000円
お子様用鶏飯…500円
その他

みなとや入口から、海に向かっての写真。

お子様用のミニ鶏飯もあってとても親切です♪
観光のお客様の利用が多い印象で、お一人様はもちろん、ファミリー層もよく見かけます。ちなみにお店の前は海が広がっていて気持ち良いんです!

私は小さいころから鶏飯を食べるなら、みなとやでした。観光のお客様からの人気はもちろん、地元民にとっても思い出深い専門店です♪

みなとや
店舗住所:〒894-0513 鹿児島県奄美市笠利町大字外金久81

手軽に鶏飯を食べられる居酒屋

鶏肉メインの居酒屋 てっちゃん

てっちゃん名瀬店の正面写真。

ネットの口コミでもよく店名が上がる、居酒屋てっちゃん。鶏肉のおつまみが豊富で、鶏のお刺身「とり刺」が特に人気です。

そんなてっちゃんでも、鶏飯が提供されています。〆の一品的な位置づけかと思いきや、結構のボリュームで提供されているようで(笑)数人で分けて食べるとちょうど良いです!

てっちゃんは、奄美市内にある名瀬店を一号店として、龍郷町(空港から車20分)にも店舗がありますが龍郷店は観光のお客様が多い印象です。

奄美市内にあるてっちゃん名瀬店は地元の人の利用が多く、大衆居酒屋という雰囲気があります。名瀬店を一号店として、龍郷町(空港から車20分)にも店舗がありますが龍郷店は観光のお客様が多い印象です。

どちらの店舗も外観がめちゃくちゃ派手なので、遠目からでも見つけやすいです!

てっちゃん龍郷店の正面写真。

【メニュー】
鶏飯…1000円
鶏飯丼…750円
その他

あくまで居酒屋なので、ドリンクの注文が必要みたいです!(要確認)
せっかくなので、奄美の黒糖焼酎を飲みながら召し上がってみてはいかがでしょうか?

てっちゃん
名瀬店住所:〒894-0026 鹿児島県奄美市名瀬港町3−5
龍郷店住所:〒894-0105 鹿児島県大島郡龍郷町大勝75−2

おわりに

今回は奄美大島で鶏飯が食べられるお店を2つご紹介しました。お店の雰囲気や利用客層も異なるので、旅行の目的に合わせたお店選びの参考にしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です