大坂なおみのウイルス性疾患の病名は何?病気の原因や症状と後遺症も調査!

こんにちは。スポーツは観戦派のbigotです!

大阪なおみ選手が武漢オープン戦を欠場しました。

原因は「ウイルス性の病気」と発表されていますが、正式な病名が出ていないので何か重い病気なのではないかと心配になってしまいますよね。

また、大会公式ツイッターではこんな風に呟かれています。

残念ながら大阪なおみは、ウイルス性の病気により武漢からの撤退を余儀なくされました。早くよくなってね、なおみ!

大会公式サイトなのに、とてもフレンドリーな感じですね。このコメントの雰囲気から察するに、もしかして重い症状ではないのでしょうか?

大阪なおみ選手の症状と発症の原因は?

ウイルスが原因で引き起こされる病気は数多くありますが、代表的なのは「インフルエンザ」や「ノロウイルス」などで有名なウイルス性疾患です。

ウイルス性疾患の症状

ウイルス性疾患は感染する部位によって症状が異なりますが、最も多くみられるのは呼吸器官への感染です呼吸器感染症では「かぜ」のような症状が出ますが、インフルエンザやノロウイルスの可能性もあります。

呼吸器感染症の症状
喉の痛み、発熱、咳、下痢、嘔吐など

また、次に多いとされる消化管へ感染した場合は胃腸炎の症状が出ます。

消化管感染症の症状
下痢、吐き気、嘔吐、腹痛など

現状は、ニュースでも「インフルエンザ」や「ノロウイルス」といった報道はされていないので、かぜによる体調不良でしょう。

私たちにとっても身近な症状ですが、度合いによっては試合ができる状態ではないですよね。

ウイルス性疾患発症の原因

先日行われたパシフィックオープンの決勝戦後に、大阪なおみ選手は

このところずっと休む暇がなかったので、いまはとても疲れを感じている。全米オープンでプレーをし続け、この大会でも良い試合が続けられた。自分自身誇りに思える1週間だった。

とコメントしていることから、相当疲労が溜まってたことがわかります。

連日続く試合に加えてメディアへの対応にも追われていたはずですから、積もりに積もった疲労が原因でしょう。

後遺症の心配は不要だと推測します。今は十分な休息をとって、早く元気な姿を見せて欲しいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です