佐渡沖合の高速船と衝突した海洋生物とは何?事故理由や原因についても調査!

こんにちは。南の島出身のbigotです。

9日午後、佐渡沖合にて高速船と海洋生物との衝突事故がありました。

南国育ちの私ですが、海洋生物と船との衝突と聞いて実はびっくりしています。

高速船とぶつかる海洋生物って何?「なぜ船とぶつかってしまうの?」という疑問が湧いたので、今回は

  • 佐渡沖合で高速船と衝突した海洋生物とは?
  • 高速船と海洋生物が衝突する理由とは?

について調べてきました!

佐渡沖合の高速船と衝突した海洋生物とは何?

今回の佐渡沖高速船の事故は、骨折などの重傷者が出てるほど大きな衝突だったため、ぶつかった海洋生物も相当大きかったのではないかと考えます。

衝突した海洋生物については、現在明らかにされていません。

しかし、過去にも高速船と海洋生物との衝突事故は発生しており、どんな生物だったのかを予想することができました。

高速船とぶつかる可能性が一番高い海洋生物

高速船と衝突し、ケガ人が出るほどの事故になってしまう海洋生物として一番可能性が高いのはクジラです。

実際に、高速船とクジラとの衝突事故は過去にも起こっていました。

2005年11月には、ジェットフォイルの水中翼にクジラとみられる物体がぶつかり、検査のため一時、一部運休になった。

参照:Yahoo!ニュース

クジラって大きいし、接近しているのが分かりそうだけれど、回避する方法はなかったのでしょうか?

そもそも、なぜ高速船とクジラは衝突してしまうのでしょうか?その理由についても調べてみました。

高速船とクジラが衝突する理由や原因

普段、海中で生活をしているクジラですが、哺乳類ですので呼吸をするために時々水面へ現れます。この呼吸のタイミングで高速船と衝突してしまいます。

しかも、近年このような事故は増加傾向にあることが分かりました。

報道はされていないものの、実際には、貨物船や漁船でも同種の事故が頻発していると思われる。
なぜクジラと船との衝突がこれほど多発するのか、一刻も早く、その要因を究明し、防止対策を講ずるべきである。

参照:財)日本鯨類研究所顧問◆大隅清治

主な原因は3つあります。

高速船とクジラの衝突事故が増えた理由

  • 捕鯨が禁止されたことによりクジラが増えたから
  • 船が昔より大型で高速になったから
  • 海上を移動する船の量と移動回数が増えたから

捕鯨が禁止されたことによりクジラが増えたから

まずは、捕鯨禁止などにより昔と比べてクジラが増えたため、頻繁に衝突事故が発生しているということです。

船のクジラとの衝突事故が、最近増加していることの原因の第一は、捕鯨禁止に伴うクジラの資源量の増加によることは確かである。それは、日本沿岸でクジラやイルカの座礁例や定置網による混穫例が増加していることによってもうかがわれ、遠洋水産研究所や日本鯨類研究所による組織的な鯨類目視調査の結果からも確かめられている。

参照:財)日本鯨類研究所顧問◆大隅清治

船が昔より大型で高速になったから

海上を移動する船は、大型かつ高速なものへと進化してきました。

昔の船は小型で、スピードもそれほど出なかったため、クジラに気づいた後に進路を変更する余裕があり、衝突を回避することができました。

しかし現在は大型になったために小回りが利きづらく、スピードも速いため進路を変更する余裕がありません。

そのためクジラ側も船を避けることが難しくなりました。

海上を移動する船の量と移動回数が増えたから

近年は海上の交通量も増えています。離島の観光人気も増加していますよね。

そのため、海上を移動する船の量と、移動回数が増えたため、クジラとの衝突機会も増加しました。

まとめ

佐渡沖合の高速船が衝突した海洋生物として一番可能性が高いのはクジラです。

高速船とクジラの衝突事故は頻繁に発生しており、事故は増加傾向にあります。

高速船とクジラの衝突事故が増えた理由

  • 捕鯨が禁止されたことによりクジラが増えたから
  • 船が昔より大型で高速になったから
  • 海上を移動する船の量と移動回数が増えたから

このような事故を回避する手段として、船にクジラが嫌がる音を発する「水中音響発信機」を取り付けるなどの対策を行っているようですが、あまり上手く機能していないという報告もありました。

海外では、クジラが出没するエリアを避けた航路に変更したり、クジラの出現を回りの船と共有したりと地道な対策で事故を減らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です