畑瀬信芳の経歴や学歴は?出身大学や妻子についても調べてみた!

2月18日(月)に、サガン社長と佐賀市副市長の癒着疑惑が報道されました。

しかもサガン社長と佐賀市副市長は家族での交流も深いということで、周囲がさらに混乱したとか。

そもそも佐賀市副市長って誰?

という疑問が湧いてきたので調べてみました。

畑瀬信芳ってどんな人?経歴や学歴について

今回の一件で佐賀市副市長を辞任することになりましたが、これまでの経歴について調べてみました!

畑瀬信芳の学歴・経歴について

出身高校:佐賀県立 佐賀西高等学校

出身大学:西南学院大商学部(偏差値58~59)

就職:佐賀市市職員

佐賀市の市職員に就職してからは、総務部長や市企画調整部長兼佐賀駅周辺整備構想推進室長などを経て

2018年7月に佐賀市副市長に就任しました。

ちなみに市職員在籍当時、稼業である製麺会社の取締役に就任していましたが

これが地方公務員法で定める「兼業禁止規定」に違反していたため現在は製麺会社の取締役を辞任しています。

畑瀬信芳の妻や息子について

畑瀬氏の妻は、畑瀬氏の実家である製麺会社の現代表取締役となっているようです。

ちなみに今回癒着疑惑が浮上したサガン社長と畑瀬氏の妻は、以前同じ飲食店運営会社の役員だったそうです。

畑瀬氏の息子とサガン社長の息子も繋がりがありました。

サガン社長の息子が経営している運営会社に、畑瀬氏の息子が就職し

バルナーズの運営を手伝っていたとのこと。

ここまで見ていくと、家族同士の交流も深く、とても仲が良いみたいですね。

その仲の良さに気づいた周囲が、今回の一件について疑惑を深めたようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です