サムライ8八丸伝のあらすじは?予告編のネタバレと世界観の考察!

こんちは。

ジャンプ合併号を読んでいたら、次号から連載予定の「サムライ8八丸伝」が掲載されていてびっくりした会社員です。

予告編だったのですが、

主人公の特徴と世界観が伝わる内容だったので、予告編から分かったあらすじと今後の展開について考察します!

サムライ8八丸伝のあらすじ

22・23合併号に掲載されていたプロローグから読み解くと、

義足義手の病弱な少年が、相棒(AIの動物型ロボット)とともに立派なサムライを目指すという物語です。

プロローグでは、

  • 主人公の少年がかなりの病弱であること
  • 相棒(?)がAIの動物型ロボットであること
  • 少年の夢が「サムライ」になること

上記の3点が明らかになりました。

サムライ8八丸伝予告編のネタバレ

星が輝く夜、森に囲まれた一軒家の縁側で、一人の少年と一匹の動物型ロボットが並んで座っていました。

少年はロボットに、流れ星に祈ると願いが叶うことを知っているかと尋ねます。

「ニャンニャン」と返事をするロボット、早太郎に対して「お前はもっと犬らしくアップデートしたいよな」と語りかけます。

そして少年達の頭上を一筋の流れ星が横切り、少年はいくつも願いを祈りだします。

目を閉じて手を握りしめた少年の腕は、棒のように細く、片腕は義手、片足は義足でした。

彼は今、多すぎるアレルギーのために食事は流動食で、歩くには杖が必要です。

そんな彼は、普通の食事ができることや丈夫な身体が手に入ること等、たくさんの叶えたい願いがありましたが

欲張りすぎると神様が怒ってしまうと考え、たった1つの願いだけを祈ることに。

それが、サムライになることでした。

サムライ8八丸伝の「八丸伝」とは

初めてタイトルを見た時「八丸伝」を、八犬伝と間違えたんですよね。

で、八犬伝っていうんだから仲間を8人集めていく物語なんだろうなと思っていたんですけど、そもそも八犬伝じゃなかった。

「八丸伝」っていう言葉があるのか調べてみましたが、どうやらこれは造語。

私が誤解した八犬伝というのは、

名前に「犬」を持つ人物達が集まるという物語(ザックリですみません。)ですので

サムライ8は「丸」という字が入る人物達が集結する物語という予想もできます。

また、八犬伝の方は、犬は神の化身とか神の使いとされていたこともあり、名前に「犬」がつく人物が特別な力を持っているこに納得できます。

では、サムライ8八丸伝の「丸」は?

そういえば、主人公の少年の額には、勾玉のような丸い印がついていました。

名前に「丸」ではなく、身体に丸い印がついた者達の物語という説も考えられます。

サムライ8八丸伝1話の発売日はいつ?

サムライ8八丸伝の第1話は、5月13日の少年ジャンプにて掲載されます。

しかも、72pというボリューム。

一体どんな物語なのか、今から楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です