ufotable脱税でFate劇場版や鬼滅アニメ制作は中止?打ち切りの可能性や今後の影響を調査!

こんちは。見たいアニメを捌ききれなくなってきた会社員です。

ufotable脱税疑惑、ニュースになってましたね。

「疑惑」って出てるけど、黒じゃないかって声は多いです。

ところで、黒だったとしたら今制作しているアニメはどうなるの?

というのが気になったので、

ufotableが脱税していた場合のその後について調べてみました!

脱税の処罰とは?

調べてみたんですが、今回のufotableの一件は、最も重い処分に当たりますね。

ufotableの脱税は重加算税に当たるようで、ネットニュースでは下記の通り解説されています。

仮に売り上げが30億円で、半分の15億円の所得を隠していた場合、追徴課税は加算税や延滞税、そして消費税なども含めると同額超になる可能性もあるでしょう。今後1年くらいかけて調査が続けられると思いますが、起訴、逮捕の可能性も十分に考えられます。

参考:文春オンライン

相当な額ですが、この支払に追われて倒産…って可能性もありうる。

Fate劇場版や鬼滅アニメ制作はどうなる?

ちなみに、2018年に倒産したアニメ制作会社は下記の通りです。

  • (有)アモ
  • (株)プロダクションアイムズ
  • (株)アジアアニメーションパートナーズ

 

で、制作していたアニメが倒産後にどうなったかと言うと…
プロダクションアイムズが制作していた「デート・ア・ライブ」は 、現在(株)ジェー・シー・スタッフが制作していたり、

アモが制作協力していた「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」は、現在(株)A-1 Picturesが制作していたりする。

こういう事例を見ていると、

最悪ufotableが倒産したとしても、絶大な人気を誇る「Fate」の制作が中止となることは考えられません。

現状、公式で制作中止の発表はありませんが、ufotableが危うくなったとしても絶対にどこかの制作スタジオが引き継いでくれるだろうし…

いや、MAの方が濃厚かも。

ufotableはアニメーションスタッフが優秀と評判ですから、今のチームを崩さずに受け入れたいと思う会社は少なくないはずですからね。

twitterの反応

まとめ

今回はufotableの脱税によるアニメ制作への影響について調べました。

脱税疑惑の真偽が明らかになるまではもう少し時間がかかるようですが…

  • 脱税が真実だとすれば、数十億円の支払いと、経営者逮捕の可能性あり
  • アニメの制作については、他会社への引継ぎもしくはMAが濃厚

ということが分かりました。

アニメに罪はないですからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です