ゼロの日常【33話確定】最新話ネタバレ!あらすじや結末と感想

こんちは。今回は5月22日発売の週刊少年サンデーから

「ゼロの日常」の最新話についてのネタバレをお伝えします!

ゼロの日常33話のあらすじ

安室こと降谷は潜入捜査用の服を風見に購入させていて買い物を済ませた風見が降谷に連絡すると、何か隠し事があるような様子でした。

降谷の家に風見が到着すると、降谷はシャワーを終えたところで風見の用意した服を吟味します。

大量の洋服を前にやっぱり数が多いなと言われつつ風見は洗面所へ向かうとそこで女の人の痕跡を発見してしまいます。

クレンジングがあったことを降谷に告げると黒の組織への潜入もしている降谷=安室は変装を落とすためとは説明できず君には関係ないと「知らない方がいい」と拒絶します。

風見は女の人の事など自分が口出すことではと慌てて詮索してしまった事を謝りますが、大きな誤解をされていると悟った降谷は勘違いだと説明するのでした。

風見の疑惑-解決編

風見は降谷の洗面所に降谷のより長い髪の毛、2本の歯ブラシ、ヘアピン、クレンジングなどを見つけてしまいやはり女の人が出入りしているのだと確信を持つのですが

部下の慌てた様子に誤解されていると気づいた降谷は、ヘアピンも髪の毛も自分がさっきまで髪を切っていたところだったのと、歯ブラシもちょうど買い替えた所だったのだと説明し単なる誤解だったとわかります。

けれど本当は黒の組織での仕事で潜入のための変装などを落とすためとはやはり言えず風見の知らない降谷の顔もまたあるのでした。

風見の服購入の結果

潜入捜査用の服を降谷に見せるとやはり数が多いと言われたけれどそれは想定内の様で、着なくなったものは回収しますと逆に嬉しそうな風見。

最終的に服はやはり地味で安価なもので構わないと言う降谷、使わなかった服を自分用にするつもりで見繕ってるんじゃないよなと風見にちくりと言いますが風見は案外図星の様子。

後日、改めて地味目の服を降谷に用意したけれど結局地味すぎるとダメ出しを食らうのでした。

33話の感想と34話について

先週から続いた降谷さんの服を用意する話。

風見の献身ぶりと知られざる降谷の一面をまた少し垣間見ることが出来ました。

信頼する部下の風見にも黒の組織の事は話せなくて、降谷=安室さんの暗い一面に少しの切なさはありますが、楽し気な部下とのやり取りもまた安室さんの日常なんだと分かったお話しでした。

【ゼロの日常】の最新話を今すぐ読むなら

「今週号のサンデーを今すぐ読みたいけど、外に買いに行くのめんどくさい」って方には

eBookJapan」がオススメです。

サンデー一冊まるっと電子書籍で読めちゃいます!

「eBookJapan」はYahoo!が運営している電子マンガサイトで、

今持っているスマホやタブレットからすぐに購入できるし、1~2巻まるまる無料で読めるマンガもたくさんあるので
「気になるマンガは一度立ち読みしたい派」にはもってこいのサイトです。

「サンデーを買うためにコンビニ行くのめんどくさい」って方はこちらをタップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です